メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

奥尻中学校 >  学校ニュース >  「小型短焦点レンズプロジェクター」が納入されました。

「小型短焦点レンズプロジェクター」が納入されました。

最終更新日:2021年2月4日

小型短焦点レンズプロジェクターが納入されました

 令和2年度学校保健特別対策事業費補助金により、本校ではICT教育の先進化を図る一環としてかねてから熱望していた「小型短焦点レンズプロジェクター」が納入されました。昨日、納入されたばかりでしたが、早速セットアップし、本日、授業で活用してみました。

写真左が今回、納入されたプロジェクターです。実際の大きさ幅13.2cm、奥行き20㎝、高さ8.5㎝です。その小型のプロジェクターよりホワイトボードに映します。(ホワイトボードも今回の補助金で納入されました。)

今回は藤澤教諭が1年社会の授業のまとめで活用しました。穴埋めにして映し出し、写真のように書き込みすることができるのが利点です。

「モニターに資料を映し出し、黒板で授業を展開、プロジェクターでまとめを行う」といった形態で授業が進められました。黒板を広々と使うとができたり、資料と同時にプロジェクターを活用したりできる利点を生かし、さらなるICT化を進め、生徒の学びを深めてまいりたいと思います。

ここからサブメニュー

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー