新庁舎建設始まりま~す

最終更新日:2022年4月20日

2022年4月20日


4月某日爽やかな春のそよ風が感じられたこの日、造成前の新庁舎建設予定地である旧奥尻小学校をドローンで空撮しました。
新庁舎完成までにはまだまだ時間を要しますが右の完成予定図をご参考にイメージしてみてください。
今後も工事の進捗状況を随時お知らせしたいと思います!

       



2024年5月の新庁舎完成を目指して!!


これまで総合庁舎等建設委員会などで検討を重ねてきました・・・
 
現在 、奥尻町役場庁舎は著しい老朽化に伴い総合庁舎等建設委員会他で検討を重ねた結果令和4年6月着工令和6年GW明けの供用開始を目指し「奥尻町総合庁舎」として始動します。
建設予定地は旧奥尻小学校跡地とし、これまで分散していた庁舎・議場・消防署更には保健福祉センターを新庁舎に集約一体化させる事で町民の皆様により便利で身近な場所となるよう計画しました。

新庁舎の基本理念とする「町民の暮らしを守るコンパクトな庁舎」奥尻幼稚園グランドを含む町民広場を設け災害時の避難所にもなる「町民の命を守る安心安全な庁舎」又、庁舎のエネルギー源として地中熱ヒートポンプ、太陽光パネル、木質バイオマスボイラーを採用する事で「島の自然を守る環境に配慮した庁舎」として設計しています。  













 







外観:消防署
別棟に訓練棟を配置し日々鍛錬する事で万が一の事態に備えます


外観:中央通り      
屋根は圧迫感のない形状で錆に強いアルミ鋼板、窓ガラスは防音、保温に優れたLOW-eガラス外壁は町産トドマツ(サーモウッド)を使用しています



総合受付/窓口カウンター
入口から全体を見渡せる広々とした空間、総合窓口を設ける事でスムーズなご案内をいたします


2Fロビー   
窓からは町民広場の景色を一望出来る開放感溢れる場所とする事でご来庁者皆様の憩いの場所となるよう工夫しました 




議 会
これまでの対面式での配席を一新し和やかな対話、より活発な意見を町政に反映させます


情報ラウンジ      
町民の皆様へ開かれた情報提供を目的とし役場を象徴する場所として土日祝日にも開放します。又、バスの待合場所としてのご利用も出来ます。
 

総合庁舎の概要
構造:RC造+木造 一部2階建て
(東側に役場、西側に消防、2階に議会を配置します)

面積:2,423㎡
付属:車庫、消防訓練棟、幼稚園、グラウンド、町民広場
工事費:20億1千3百万円
その他:環境に配慮したZEB庁舎

  • ページの先頭へ戻る