メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道奥尻高等学校 >  学校生活 >  部活動 >  オクシリイノベーション事業部 (OID) >  「わが村は美しく」でPRを行いました(オクシリイノベーション事業部)

「わが村は美しく」でPRを行いました(オクシリイノベーション事業部)

最終更新日:2020年7月29日

こんにちは、オクシリイノベーション事業部(以下OID)です。

7月28日(火)に「わが村は美しく」というコンクールに、奥尻ワイナリーの取り組みとOIDでの活動についてプレゼンテーションを行い、PRを行いました。


このコンクールでは、地域の生産活動との関わりがあり、地域住民が一体となり地域づくりに取り組んでいる活動を対象に、審査が行われます。
奥尻町からは奥尻ワイナリーの活動を中心に応募をしており、ワイナリーとつながり活動をしていたOIDにもそのPRの機会が得られたのです。特に、OIDでは昨年シエスタ函館で行われた「奥尻マルシェ」というイベントにて、ワイナリーに協力していただき、ワインやワインドレッシング等を委託販売していました。

OIDからは奥尻マルシェの内容を中心に、ワイナリーとの連携やそこから得た学びをプレゼンテーションをし、奥尻高校や奥尻島の魅力を伝えました。その後、審査員の方々を含め、これまでの活動や奥尻島についてディスカッションを行いました。
ディスカッションではよい雰囲気の中、3年間奥尻島で過ごした島留学生の浦山さん、川口さん、齊藤君が活動を通して感じた「奥尻の方々の温かさ」や「島の自然の美しさ」を語ってくれました。

  

  

審査員の方々からは、この活動がまさに「わが村は美しく」のコンセプトに合っており、「これからも続けてほしい」という声をいただき、生徒たちはさらに自信を持てたのではないかと思います。

このような機会をいただき本当にありがとうございました。

 

ここからサブメニュー

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー