人農地プランの実質化について

最終更新日:2019年10月29日

これまで地域の農業を⽀えてこられた⽅達は、地域での徹底した話合いにより、
ほ場整備、機械・施設の導⼊、地域の共同活動などに取り組み、地域の農業・農地
を守り、発展させてきました。
地域の皆さんがこれまで営々と築き上げてこられた地域の農業・農地を、それを
取り巻く伝統や⽂化、⾃然景観などと⼀緒に、⼦供や孫の世代にしっかりと引き継
いでいきたいと思いませんか︖
⼀⽅、こうした⽅達が⾼齢化する中で、これからの地域の農業を担っていく世代
が、効率的な農地利⽤やスマート農業を⾏うための農地の集積・集約化を進めてい
くには、まさに「待ったなし」の状況です。
今こそ、⼈・農地プランの実質化に取り組み、地域の話合いを再活性化して、
「将来にわたって地域の農地を誰が担っていくのか」「誰に農地を集積・集約化し
ていくのか」を地域の皆さんで決めていく必要があります。

奥尻町では以下のような工程に基づき、人・農地プランの実質化に取り組んでいきます。




  • ページの先頭へ戻る