飲酒運転根絶キャラバン隊が奥尻町を訪問しました

 北海道交通安全推進委員会では、道民一人ひとりに「飲酒運転をしない、させない、許さない」の合い言葉を広く定着させ、飲酒運転根絶への一層の意識向上を図るため、平成28年度から3年間で全道市町村を巡回する「飲酒運転根絶キャラバン」を実施しており、活動の最終年度となる平成30年度は檜山管内を巡回し、8月22日にキャラバン隊が奥尻町を訪問し、町内の交通安全関係者を含む約30名が参加し、役場庁舎の駐車場でセレモニーを開催しました。

 当日は、主催者の北海道交通安全推進委員会の加門事務局次長より挨拶があり、キャラバン活動の趣旨や飲酒運転が招く重大事故の現状のほか、キャラバン隊受け入れに対する御礼の言葉もいただきました。

 新村町長からは、これまでのキャラバン活動への感謝と今後も交通安全活動に積極的に取り組むことを伝え、キャラバン隊を激励しました。
 このあと、奥尻町交通安全指導員会の永洞会長より、飲酒運転根絶道民宣言が読み上げられ、飲酒運転根絶のための7項目について、力強く宣言いただきました。

 最後にセレモニーに参加した関係者全員で「飲酒運転をしない!、させない!、許さない!」を掲げた横断幕や看板とともに、飲酒運転根絶へ向けて団結する決意を新たにしました。
主催者として挨拶する加門事務局次長主催者として挨拶する加門事務局次長
キャラバン隊へ激励する新村町長キャラバン隊へ激励する新村町長
永洞会長からの飲酒運転根絶道民宣言永洞会長からの飲酒運転根絶道民宣言
 参加者全員による集合写真
 

飲酒運転根絶道民宣言の内容はこちらです。(PDFファイル:238KB)
 

参考 情報

奥尻町の交通事故死ゼロの日
・H30.8.22現在で1,963日(道内で32番目、檜山管内で2番目に長い継続日数です。)
 

お問い合わせ先

総務課情報サービス係
電話:01397-2-3402
FAX:01397-2-3445

  • ページの先頭へ戻る