落雪・落氷に注意!

屋根から落ちる雪や氷による危険防止などのお願い

 毎年、冬になると、屋根に積もった雪、氷、つららが落ちて、歩行者がケガをしたり、また、死亡したりすることが、しばしば起こっています。
 皆さんも、冬期間の生活にはご苦労されていると思いますが、冬期間の通行を円滑にし、事故を無くするため、特に、次のことに注意するようお願いします。

屋根の雪、氷、つららが道路に落ちる建物には、これに伴う事故を避けるため雪止めをつけるようにしてください。
雪止めがつけてあっても強さが足りなかったり、針金などが古くなってさびついたりして切れ落ちることもあるので、必ず点検して、悪いところがあれば早めに修繕するようにしてください。
屋根の雪、氷、つららは、気温が上昇したとき、特にマイナス3度位からプラス3度位になったときに落ちやすい状態となるため、そのようなときは、早めに落とすようにし、落とすときは歩行者や遊んでいる子どもなどに十分注意するようにしてください。
屋根から大量の雪が落ちたときは、直ちに事故がないかどうかを確かめるとともに、歩行者の通行への影響を避けるため、速やかに処理してください。
交通事故・交通障害防止のため、屋根からの落氷雪や敷地内の積雪を道路に出さないようにしてください。
軒下を通行する時は、落氷雪に十分注意するようにしてください。
軒下では、子供を絶対に遊ばせないようにしてください。
ビルの壁、窓枠、突出看板等からの落氷雪は少量でも危険であるため、付着した雪や氷の除去を行うようにしてください。


 


 
 

お問い合わせ先

地域政策課住民生活係
電話:01397-2-3404
FAX:01397-2-3445

  • ページの先頭へ戻る