奥尻町次世代育成支援推進行動計画

 近年の労働環境やゆとりの少ない生活環境への変化から少子化の進行が問題となっていることから、国や地方公共団体、企業等が一体となってこの問題の改善に取り組む必要性があることから、平成15年7月に「次世代育成支援対策推進法」が制定されました。
 奥尻町ではこの法律に基づき、次代のまちづくりや社会を担う子どもたちが、健やかで健全な環境の中で生まれ、育成されるための社会的役割や責任、取組みのための行動計画である「奥尻町次世代育成支援推進行動計画-おくしり子どもプラン」を策定しました。
 この計画は、法律に定める期間が平成17年度から平成26年度までの10年間でありますが、奥尻町では平成17年度から平成21年度までの5年間を前期の計画期間とし、今後、生活や育児環境等の変化に応じた後期の計画策定(平成22年度から平成26年度)や見直しを図ることとしています。
 この計画に基づき、町民のみなさんとのパートナーシップを深めながら次世代育成に積極的に取り組むため、ご理解とご協力をお願いいたします。

計画の公表について

計画の内容については以下のリンクをクリックしてご覧ください。

 奥尻町次世代育成支援推進行動計画-おくしり子どもプラン
(PDF 543KB)


 ※上記の計画策定と併せて、一事業所としての奥尻町役場における個別の行動計画も策定していますので以下もご覧ください。

 奥尻町役場次世代育成支援対策推進行動計画
(PDF 131KB)



このページの情報の一部は、PDF形式で作成されており、ご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、こちらをクリックして最新版を入手してください。

 


 


 

お問い合わせ先

地域政策課住民生活係
電話:01397-2-3404
FAX:01397-2-3445

  • ページの先頭へ戻る