妊娠と出産のために

安心して健やかに出産を迎えるために、早めに妊娠の届出を行いサービスを十分に活用しましょう。

妊娠がわかったら


●妊娠届
 
妊娠に気付いたら、出来るだけ早く医療機関を受診しましょう。
 医療機関が発行する妊娠届出書を下記窓口に提出して、妊娠を届け出ましょう。
 奥尻町保健福祉センター内 保健福祉課保健指導係
 (奥尻町国保病院隣の建物です)

●母子健康手帳
 妊娠を届け出ると、母子健康手帳が交付されます。また、公費の妊婦健康診査や通院費助成制度も利用できるようになります。
 ※妊娠中や産後の体調管理などのお力になれるよう、妊娠届出の際に妊婦アンケートをお願いしております。アンケートをもとに保健師が面談いたします。
 

妊産婦さんへの支援サービス



●公費の妊婦健康診査
 妊娠中、医療機関での妊婦健康診査や超音波検査を公費で受けられる制度があります。妊娠届出後に「受診券」を発行し、次回の受診までに郵送いたします。

●妊産婦健診にかかる通院費の助成
 妊婦健診・産後1ヶ月健診・出産準備にかかった通院費の一部を公費で助成しております。

http://www.town.okushiri.lg.jp/hotnews/detail/00001392.html

●保健指導・健康相談
 妊娠・出産に関して、町の保健師から保健指導・健康相談を受けることができます。

 このほかにも、出産前後に利用できるサービスがあります。
 詳しい内容は、母子手帳交付時にお渡ししているリーフレット「出産前後の親子支援サービス」をご確認ください。
 

妊娠中は「妊婦健康診査」を必ず受けましょう


 妊婦健康診査は、お母さんとお腹の赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするためのものです。
 妊娠中はからだにいろいろな変化が起こります。自覚症状がなく順調に見えても、トラブルが隠れている場合もあります。

 少なくとも下記のような間隔で妊婦健康診査を受けて、胎児の育ち具合や自分自身の健康状態(血圧・尿など)をチェックしてもらいましょう。
 
★妊娠23週(6か月末まで) 4週間に1回
★妊娠24~35週(7~9か月末まで) 2週間に1回
★妊娠36週(10か月)以降出産まで 1週間に1回
 
 健診日以外でも、出血や腹痛など「おかしい」と感じたら、すぐに受診しましょう。
 

 

 

 

お問い合わせ先

保健福祉課保健指導係
電話:01397-2-3381
FAX:01397-2-4061

  • ページの先頭へ戻る