年金を受けてるみなさんへ

こんなときには、こんな手続きを
 

誕生月がきたとき


 社会保険庁では、住民基本台帳ネットワークを活用して年金受給者の方々の現況確認を行うこととしたことから、原則として、これまで毎年提出が必要だった 「 現況届 」 の提出は不要となります。
 ただし、次の場合は、現況届またはその他の届が引き続き必要です。
1.住民基本台帳ネットワークを活用した現況確認が行えない
  方は
「 現況届 」
2.加給年金額を受けられている場合は 「 生計維持確認届 」
3.障害の程度の確認のために 「 診断書 」 の提出が必要と
  なるとき


※提出が必要な届出は、社会保険業務センターから受給者の
  方々へ送付されますので、提出期限までに返送してください。
 

住所や年金の受取場所を変えるとき


 年金は、希望した金融機関や郵便局で支払われます。
 住所や支払いを受ける金融機関、郵便局を変更するときは、すみやかに 「 年金受給権者住所・支払機関変更届 」 を最寄りの社会保険事務所に提出してください。
 この変更届が提出されないと、年金の支払額をお知らせする通知書が届かなかったり希望する金融機関で年金が受けられないことがあります。
 支払機関を銀行などの金融機関に変更するときは、その金融機関で預金通帳の記号番号について証明を受けてください。
 また、郵便局の「郵便振替」に変更するときは、郵便局で郵便振替口座の口座番号についての証明を受けてください。
 住所が変わるときは、社会保険事務所などへ届を提出するとともに、旧住所の郵便局にも届け出てください。
 

年金証書をなくしたとき


 「年金証書」を汚したり、紛失したときは、 「 年金証書再交付申請書 」 を最寄りの社会保険事務所に提出して、「年金証書」の再交付を受けてください。
 「年金証書」は、年金を受ける権利のあることを証明するものです。
 各種の届出や年金相談のときに必要になりますので、大切の保管しておきましょう。
 

氏名が変わったとき


 結婚や養子縁組などで氏名が変わったときは、 「 年金受給権者氏名変更届 」 (氏名変更届)を最寄りの社会保険事務所に提出してください。
 その際、「氏名変更届」の証明欄に奥尻町長の証明を受けるか、または「氏名変更届」に戸籍の抄本か住人票を添えて提出してください。
 なお、「氏名変更届」に住民票コードを記載したときには奥尻町長の証明は必要ありません。

 以上の手続きについて、詳しくは 奥尻町役場 税務国保課 国保年金係(電話2-3406) 、または社会保険事務所へお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

税務国保課国保年金係
電話:01397-2-3406
FAX:01397-2-3904

  • ページの先頭へ戻る