戸別受信機

【最低1年に1回は、乾電池の交換をしてください】

 受信機の裏側には 「 単2乾電池4個 」 が入るようになっており、
停電時には自動的に乾電池電源に切り替わり、停電時でも受信機が
作動するようになっています。
 このため、乾電池の寿命が切れていると停電時(緊急時)に作動せ
ず、また、切れている乾電池からの液もれが原因で故障し、使用不能
となった場合が多くありますので、内蔵の乾電池はなるべく一年に一
度は交換をしましょう。


 また、その際には電池カバー内部をチェックし、きれいにしておきまし
ょう。

【受信状態が悪いときは】

 その日の天候や周囲の電波障害によって雑音が入るときがありますが、これは受信機の故障ではありません。雑音が入ったときは、以下のようなことを試して数日様子をみてください。

 ・ アンテナを最後までしっかり伸ばす
 ・ アンテナの向きを変えてみる
 ・ 受信機の設置場所を変えてみる


 上記のことを試してみて、それでも雑音がひどい場合や放送が全く入らない場合は故障が考えられますので、奥尻町役場総務課情報サービス係まで、ご持参またはご連絡をお願いします。

【新築などの場合は事前にご連絡を】

 受信機に取り付けられているアンテナのほかに、その受信機によって受信感度を高めるために「屋外アンテナ」を取り付けている場合もあります。
 家の新築や改築、または転居される場合、その地区や状況によって屋外アンテナを取り付けしなければならない場合もありますので、そのような場合は、事前にご連絡ください。
 ご連絡がなければ、後でその取り付けのために外壁に穴をあけたり、アンテナ線が露出する場合もありますので、必ず事前のご連絡をお願いします。

【使わない受信機は返却を】

 受信機は1世帯に1台の保有が原則ですが、世帯分離や転入などで受信機の予備台数が少なくなってきているため、新たな世帯希望者へ設置できない場合が考えられます。
 次のような受信機は返却をお願いします。

 ・ 現在使用していない受信機や今後使用しない受信機
 ・ 空き家に設置してある受信機
 ・ 1世帯で2台ある受信機
 ・ 奥尻町以外へ転出される世帯の受信機
 ・ 転出者から預かっている受信機


【受信機を勝手に他人へ渡さないように】

 受信機は、みなさんがお住まいの地区ごとに調整されていますので、ほかの地区で使用しても放送が入らない場合があります。
 地区別と受信機の製造番号は奥尻町が管理していますので、
勝手に譲り渡したり、設置場所を変更することはしないでください。
 また、この受信機は奥尻町専用のものであるため、転出などで他町へ持っていっても使用できませんので、転出などの場合には必ず返却をしてください。
 なお、転出のときに代わりの転入者が来る場合でも、受信機をそのまま置いておかないで、必ず返却をお願いします。
 転入者にはあらためて管理した受信機をお渡しします。

お問い合わせ先

総務課情報サービス係
電話:01397-2-3402
FAX:01397-2-3445

  • ページの先頭へ戻る