電子証明書が不要になったまたは利用をやめる場合

 電子証明書が不要になった場合や、その利用をやめる場合は、いつでも失効させることができます。
電子証明書の失効は、窓口でも受け付けていますが、「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」等を利用して、ご自宅のパソコンで失効させることもできます。

「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」は、公的個人認証ポータルサイトからダウンロードし、ご自宅のパソコンにインストール作業を行ってください。

 なお、窓口以外で電子証明書を失効させた場合は、カード内に失効した電子証明書などが残っていますので、窓口へ消去の申請を行ってください。

【申請できる方】
 奥尻町に住民登録(奥尻町の住民基本台帳に記載)されている15歳以上の住民基本台帳カードをお持ちの方(15歳未満や成年被後見人の方は、その法定代理人の同行による申請が必要です)で、現在有効な電子証明書をお持ちの方。

失効申請のしかた

(1)ご本人が申請される場合

【必要なもの】
・電子証明書失効申請/秘密鍵漏えい等届出書
 (窓口にあります。又は下記よりダウンロードできます)
   様式をダウンロードする(様式・申請書ダウンロードのページに移動します)
・電子証明書のシリアル番号を確認できるもの(住民基本台帳カード、電子証明書の写し など)
・本人確認書類(住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転免許証、パスポート、その他官公署の発行した顔写真付きの証明書又は資格証等)
・印鑑

※上記の本人確認書類がない申請の場合、窓口で即日失効処理することができません。この場合、申請の受付のみを行い、受付後にご本人宛に申請の意思確認のための照会書(兼回答書)を郵送します。照会書が届きましたら必要事項を記入し、再度窓口までご持参ください。回答書が確認できましたら失効処理を行います。

【失効後のカードについて】
 失効後は、併せて電子証明書等の消去も行います。消去には現在設定しているパスワードが必要ですので事前にご確認ください。(窓口にカードをお持ちになっていない場合は、失効のみ行いますので、後日、消去申請を行ってください)

 電子証明書等は、消去によりカードからなくなりますので、再度、電子証明書が必要な場合は、新規発行申請を行ってください。

【失効・消去完了時にお渡しするもの】
・失効した電子証明書等を消去した住民基本台帳カード(カードの提出がない場合は、失効のみ)
・関係書類一式(各種お知らせ など)


(2)15歳未満や成年被後見人の方が申請される場合(法定代理人による申請)
 申請者ご本人が15歳未満又は成年被後見人の場合、法定代理人と一緒に来庁する必要があります。

【必要なもの】
・電子証明書失効申請/秘密鍵漏えい等届出書
 (窓口にあります。又は下記よりダウンロードできます)
   様式をダウンロードする(様式・申請書ダウンロードのページに移動します)
・電子証明書のシリアル番号を確認できるもの(申請者ご本人の住民基本台帳カード、電子証明書の写し など)
・法定代理人の本人確認書類(住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転免許証、パスポート、その他官公署の発行した顔写真付きの証明書又は資格証等)
・法定代理人である確認書類(申請者が15歳未満の場合・・・戸籍謄本(全部事項証明書)、申請者が成年被後見人の場合・・・登記事項証明書)
 ※本籍が奥尻町にある場合、戸籍謄本は提出を省略できます。
・法定代理人の印鑑

※上記の法定代理人の本人確認書類がない申請の場合、窓口で即日失効処理することができません。この場合、申請の受付のみを行い、受付後に法定代理人宛に申請の意思確認のための照会書(兼回答書)を郵送します。照会書が届きましたら必要事項を記入し、再度窓口までご持参ください。回答書が確認できましたら失効処理を行います。

【失効後のカードについて】
 失効後は、併せて電子証明書等の消去も行います。消去には現在設定しているパスワードが必要ですので事前にご確認ください。(窓口にカードをお持ちになっていない場合は、失効のみ行いますので、後日、消去申請を行ってください)

 電子証明書等は、消去によりカードからなくなりますので、再度、電子証明書が必要な場合、法定代理人は、新規発行申請を行ってください。

【失効・消去完了時にお渡しするもの】
・失効した電子証明書等を消去した申請者ご本人の住民基本台帳カード(カードの提出がない場合は、失効のみ)
・関係書類一式(各種お知らせ など)


(3)ご本人が来庁できない場合(任意代理人による申請)
 申請者ご本人がやむを得ない理由で窓口に来庁できない場合、任意代理人による申請ができます。

【必要なもの】
・電子証明書失効申請/秘密鍵漏えい等届出書
 (窓口にあります。又は下記よりダウンロードできます)
   様式をダウンロードする(様式・申請書ダウンロードのページに移動します)
・申請者ご本人の記名押印のある委任状
   様式をダウンロードする(様式・申請書ダウンロードのページに移動します)
・任意代理人の本人確認書類(住民基本台帳カード、運転免許証、パスポート、健康保険証など)
  ※申請受付時は、顔写真のないものでも可能
・任意代理人の印鑑

※任意代理人による申請の場合、窓口で即日失効処理することができません。申請の受付のみを行い、受付後に申請者ご本人宛に申請の意思確認のための照会書(兼回答書)を郵送します。

【照会書が届いてから準備するもの】
・照会書に必要事項を記入します。(回答書欄、委任状欄、パスワード欄等にそれぞれ記入・押印)
・照会書に押印した印鑑の印鑑登録証明書が1通必要です。(発行日から3か月以内のもの)
・記入した照会書を同封の専用封筒に入れて確実に封をします。(パスワードを保護するため、異なる封筒や、封がされていないものや開封されたものは受付できません)
・電子証明書のシリアル番号を確認できるもの(申請者ご本人の住民基本台帳カード、電子証明書の写し など)
・申請者ご本人の本人確認書類(住民基本台帳カード以外で、健康保険証等)
・任意代理人の本人確認書類(住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転免許証、パスポート、その他官公署の発行した顔写真付きの証明書又は資格証等)

 以上が準備できましたら、代理人が再度窓口にご持参ください。すべての書類が確認できましたら失効処理を行います。

【失効後のカードについて】
 失効後は、併せて電子証明書等の消去も行います。消去は、照会書に記載したパスワードを職員が入力することにより行います。(代理人が持参した照会書は、職員が開封します)なお、窓口にカードをお持ちになっていない場合は、失効のみ行いますので、後日、消去申請を行ってください)

 電子証明書等は、消去によりカードからなくなりますので、再度、電子証明書が必要な場合は、新規発行申請を行ってください。

【失効・消去完了時にお渡しするもの】
・失効した電子証明書等を消去した申請者ご本人の住民基本台帳カード(カードの提出がない場合は、失効のみ)
・関係書類一式(各種お知らせ など)

上記を窓口で受領後、申請者ご本人にお渡しください。


その他の関連手続き一覧

 ・公的個人認証サービス・電子証明書について
 ・電子証明書の新規発行申請をする場合
 ・電子証明書の有効期限を更新する場合
 ・電子証明書の発行時に設定したパスワードを忘れてしまった場合
 ・現在設定しているパスワードを変更したい場合
 ・パスワードの入力を連続で5回間違えてカードが使用できなくなった場合
 ・カードに残っている電子証明書や鍵ペアを消去したい場合
 ・電子証明書を格納したカードを紛失した場合
 ・認証業務情報の開示請求をしたい
 ・開示された情報に誤りがあるので訂正したい



 

お問い合わせ先

総務課戸籍係
電話:01397-2-3402
FAX:01397-2-3445

  • ページの先頭へ戻る