宮津弁天宮

 ここに祀られている弁天様は、弁財天とも呼ばれる福の神。もともと島の拠点となる「番所」があった場所で、江戸時代末の天保2(1831)年に島民が大漁祈願のためお社を建てたのがはじまりです。 宮津弁天のお社は、海に突き出た岬の急斜面を登った頂上にあります。お社までの階段は164段、対岸には北海道本島が見えます。

宮津弁天宮の写真
急斜面の高台にある宮津弁天宮。天然の展望台で、直下には宮津の町並みと漁港があります。

所在地 奥尻町字宮津
電話 産業建設課商工観光係
01397-2-3408 または
01397-2-2351(観光専用)
アクセス 奥尻町マップ
 

お問い合わせ先

地域政策課商工観光係
電話:01397-2-3404   専用ダイヤル:01397-2-2351
FAX:01397-2-3445

  • ページの先頭へ戻る