メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道奥尻高等学校 >  奥高速報 >  ひやま食・観光フェアに参加しました(オクシリイノベーション事業部)

ひやま食・観光フェアに参加しました(オクシリイノベーション事業部)

最終更新日:2019年3月8日

こんにちは、オクシリイノベーション事業部(以下OID)です。

ひやまWalker Projectで作成した冊子が完成しました。
そして、その冊子を持ち、東京都蒲田で2月10日行われた「ひやま食・観光フェア」に参加しPR活動を行いました。

ひやま食・観光フェアは、奥尻町をはじめとする檜山管内の名産品やゆるキャラが集まり、その魅力をPRするイベントです。
今回は奥尻高校1年の鴨田君、齋藤君、川口さんの3人がひやまWalker Projectに参加した高校生を代表しPR活動に参加しました。

9日に奥尻空港を出発し、函館空港へもひやまWalkerの設置依頼をしました。その夜、会場視察をし、明日への気持ちを高めました。

 

当日は、ひやま食・観光フェアへ向かう際に、北海道どさんこプラザ有楽町店、北海道ふるさと移住定住推進センターへも設置依頼を行いました。
どさんこプラザでは普段北海道でメジャーな商品が多数置かれており、その売り上げが想像以上であったことに驚きがあったようです。
また、移住定住推進センターでは、北海道への移住を考えている人が多く、そのため、旅行の形が変化してきているということを学びました。

PR活動当日は幅広い年齢層の方々に、ひやまWalkerを手にとってもらい交流することができました。話していく中で、もっと檜山、そして奥尻島の魅力を知ってもらいたいという気持ちが高まりました。
さらに、活動を通し今後のOIDでのプロジェクトに活かせそうなヒントも得たようです。

今後このひやまWalkerは、奥尻島内の各所にも配布しますので、お楽しみにしていてください。
なお、PDF版は檜山教育局のウェブサイト(下記リンク)からダウンロードできます。
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hyk/hwp.htm

 
 

 

ここからサブメニュー

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー