メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北海道奥尻高等学校 >  学校生活 >  部活動 >  ボランティア局 >  ムーンライトマラソンにボランティアで参加しました

ムーンライトマラソンにボランティアで参加しました

6月17日(土)、第4回ムーンライトマラソンが開催されました。

今年度は、4月26日(水)に奧尻町海洋研修センターで開催されたムーンライトマラソン実行委員会で 「高校生の私たちがムーンライトマラソンでできるボランティア活動」を提言する機会を頂いたり、ボランティア局員がボランティアサポートスタッフ募集のポスターを作成して各教室に掲示した結果、昨年に引き続き、多くの奥尻高校の生徒がボランティアとして参加してくれました。

スタート地点の海洋研修センターでは、8名の生徒が参加し、選手受付場所で受付の補助や、選手の荷物を預かり、トラックまで運搬する役割を担いました。

 

 

生徒たちが、自主的に「頑張ってください。」と選手に声かけをしている姿から、奥尻高校生の思いやりの気持ちが見られました。

 

奥尻高校で理科を教えている鈴木励先生もハーフマラソンに参加しました。
生徒に激励されて嬉しそうでした。

 

ゴール地点の旧青苗中学校では19名の生徒がボランティアとして参加し、ゴールテープを持ったり、ゴール後の選手を誘導したり、完走した選手のICチップをゼッケンから外したり、完走の記念品を準備したり手渡したり、シャワー室の利用人数をカウントしたり、表彰式の介添え役をしたり、後夜祭飲食ブースのスタッフとして活躍しました。

   

 

 

  

 

 

 

ボランティアに参加した生徒にはまかないのカレーが振る舞われました。

 

鈴木先生も完走し、生徒に出迎えられとても良い表情でした。

 

「笑顔がいいね」、「積極的に動いてくれるから嬉しいよ」、「言われる前に気付いて対応してくれるから助かるよ」、「来年も頼むねー」など、町民の方々から声をかけていただきました。

島に貢献できた1日になりました。
ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー